私の図書館 よにんめ!
こんにちは。
学生協働2年の高見です。

2010年も今日を含めて残すところあと5日・・・。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

前回の「私の図書館」の担当だった黒田先輩から
バトンを受け取りまして、初めてブログを書くことになりました。
「いつかまわってくるかなあ太陽」と呑気なことを考えていたら、
なんと四番目ぎょ

ちょっとあわてていますが、
年を越す前に!ということで頑張ってミッション遂行しますグー

さてさて。ここでクエスチョン。
みなさんは「大学図書館」にどんなイメ-ジを持たれていますか?

私も時々まわりの友達に
「たまには図書館来てみたら~??」と
ちょっと声をかけてみるのですが、
「だってどうせ勉強で使う、難しい本しかないんでしょ?」
という反応をよく耳にします。



確かに上の写真にもあるように、
県立や市立図書館と比較すると
どの分野にも●●学や△△論といった図書が多く見られます。

これは勉学をする上で欠かせないものですし、
実際このような図書や資料を使って勉強しているという方も多いと思います。

でも!!
「私の図書館」で前の3人の方が書いておられるように、
決してこれだけというわけではありません。

今日は私がカウンタ-で出会った、
ちょっと手にとってみたくなる、
見ているだけでも楽しめる本を何冊か紹介します。





まずはこちらの2冊。

『からだにおいしい野菜の便利帳』(498.5/I31)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』(498.5/I31)


この本、表紙にたくさんの野菜の写真が星
これだけでちょっと興味をひかれた私は思わず中をちらり。







こんな風に中身はすべてカラ-で大きな野菜・果物の写真が!
ひとつひとつの野菜に対しての解説だけではなく、
旬や品種、おもな産地や保存方法、さらにおいしい食べ方やレシピまで載っているんです音符


いつも何気なく口にしている野菜たちの
意外な裏側を知ることができます。


さらに!
先程ブログに使う図書を探していると・・・。

同じシリ-ズからこんな続編が!




『からだにおいしい野菜の便利帳 世界の野菜レシピ』(596.37/T15)






こちらも素敵な表紙同様、中には各国の素敵な料理が詰まっています。
どれもこれも本当においしそうで、
眺めているだけでお腹がすいてきませんか?

この他にももう少し大きな版で季節ごとの野菜や魚、果物を
詳しく紹介した『旬の食材シリ-ズ(596/K03)』もオススメですチョキ
このシリ-ズには果物が実るまでの過程や収穫・出荷の様子、
魚の見分け方や市場でのセリの様子がど-んと載っています。

見れば見るほど、
食に対しての意識が変わってくるかもしれませんね。
ちょっとした素材の知識も、きっとご飯時の話題になるはず!



続いて食つながりでもう2冊ほど。





『グルメ以前の食事作法の常識』(596.8/O18)
『接待以前の会食の常識』(596.8/O18)

水色と赤色があざやかなこの2冊。
中身は小さい文字でぎっしりくどくど綴られているんじゃないの?
と疑いの念を抱きつつまたまたちらり。






あら!
予想に反して4コママンガやイラストが効果的に使われいて、
なんだか読みやすそうな雰囲気ケーキ

パラパラとめくって気になったペ-ジから読んでみるのも良さそう。
ちなみにちょうどカウンタ-業務中で、
写真を撮るのを手伝ってくれたSちゃんは
「箸の取り上げ方」のペ-ジに興味を持ってたみたいです。
意外と見てる人は見てるものですよね。きゅー

実際誰かと一緒に料理を食べる時の「あれ、これでいいんだっけ汗
という疑問や不安を、ピンポイントですっきり解決してみてはいかが?



とここまで一気に本の紹介をしてきましたが、
いかがだったでしょうか?


学部・学科の勉強はもちろんですが
自分の学んでいる分野以外でも日常生活の中で、
「あれってなんでだろう?」とか「これについてちょっと知っておきたい!」
とふと思うことは多くあるのではないかと思います。

そんなときネットでぱぱっと検索するのも早くていいですが、
ふらりと図書館にいらしてみてはいかがでしょう?

なにも本格的な本を読むことだけが
答えを得る方法ではありません。

本を一冊OPACで検索して探しにいくのも、
その分野の本棚をしばらく眺めてみるのもありです。
そしてタイトルでも表紙でも、ちょっと気になったのなら
ぜひその本を手にとってみてください。

思わぬところで自分にとって役に立つ本や、
おもしろい本に出会えるかもしれません。

もちろん検索の仕方や、貸出の仕方など
何か分からないことがあれば気軽にカウンタ-まで!

ちょっとかたい大学図書館のイメ-ジを乗り越えて、
たくさんの人が来年も上手に図書館を活用して
発見したり、和んだり、閃いたりしてもらえたらいいなぁと思いながら、
私も冬休みに図書館で借りた本を読むつもりです。

それでは今回はここまで。
お付き合いありがとうございました。

次の担当は、今日カウンタ-にたまたま入っていた
藪中くんにお願いしました四葉
年明けの更新をお楽しみにうさぎ

それではみなさんよいお年を!









このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=70 |
| 総合図書館:活動報告::その他 | 02:16 PM | comments (2) | trackback (0) |
クリスマス展示もあと4日!
こんにちは~毎度おなじみ学生協働3年の森實です四葉

クリスマス展示も残すところあと4日となりました!
「まだ見てないよ~」という方は、ぜひぜひ見に来てくださいね♪

今日は、通りすがりのAさんから、「『クリスマス・キャロル』が売り切れてるよ!」との
ご指摘を頂きましたので、早速展示のお色直しをしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ででんっ☆



特大バージョンのポップも新しいものを作りました。(森實作ですチョキ)


展示の本も、キリスト教関係のものにチェンジしました。



クリスマス展示も残すところあと4日です。
初めての展示ということもあって、愛着はひとしお…
そろそろ次の展示について考えなきゃいけないのですが、すごく名残惜しいです><汗

と、いうわけで、こんな感じで企画展示については以上です。




こちらはところ変わってカウンター。

ぴーすけがこのどこかに隠れてるんですが、
どこだか分りますか??




実は、ここ!




ここに隠れてたんです~

こちらのぴーすけぬいぐるみ、職員のWさんが手作りしてくださったんですv
Wさぁん、ぴーすけ写真うつりもいいですねハート


そして、こちらの消しゴムハンコは、学生協働1年の貞森ちゃんが作ってくれたものです↓↓↓




どうですか~この精巧さ、そして愛らしさ!



消しかす入れに業務日誌に・・・いろいろ活躍してくれそうですよね!
実用性も兼ね備えてます。



はぁあああ。皆さん手先器用ですよね~うらやましいです!





学生協働3年 森實彩乃


このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=69 |
| 総合図書館:活動報告::企画展示ワーキング | 03:57 PM | comments (2) | trackback (0) |
私の図書館 さんにんめ!!
こんにちは太陽。学生協働3年の黒田です。
初ブログ投稿で、ちょっと緊張気味です汗

図書館職員のWさんからのバトンパスをうけ、
「私の図書館」の紹介、3人目を務めることになりました。


今回私が紹介する、図書館のおすすめポイントは、
留学生コーナー」です星





私、英語も出来なければ、今まで外国に行ったこともありませんきゅー
そんな私が、「留学生コーナー」をどのように利用しているのか?

一般の学生さんなどには、あまりなじみのないコーナーかもしれません。
「留学生のための日本語の本とか、試験の対策の本とかがあるんでしょ?」と思っている学生さんも多いのではないでしょうか。
私も利用するようになるまでは、そんなふうに考えてましたあうっ


でも、このコーナー、それだけじゃなかったんです!!

たとえば、下





こんな、桜などの日本の風景や着物や茶道などの日本の文化について、写真をたくさん載せて紹介している本や、
折り紙や料理を楽しく教えている本もたくさんあります。
文章は英語などで書いてあるものが多いのですが、きれいな写真や模様、イラストに日々癒されてますlove


他にも、





よく知られている『日本昔ばなし』や『源氏物語』を英語で訳したものなど、
親しみやすいものがたくさんあります。
なかには「CD付き」の本もあるので、英語の勉強に役立つかもしれませんねにひひ


その他、(本当に私の個人的なおすすめですが)





今人気(?)の村上春樹や、谷崎潤一郎、夏目漱石など、
日本を代表する作家の作品の英訳本もあって、
英語と日本語の表現の違いなどを比較して、作品の世界をのぞくのもおもしろいですよチョキ


まだまだ、紹介できていない魅力的な部分がたくさんあるコーナーです。
「のだめカンタービレ」などもあるんですよ星





上ちょっと和風なこのコーナーで、新しい日本の魅力を探してみてはどうでしょうか?


今回はこんな感じになりました。
ほかにもまだまだ紹介したいポイントはあるので、
また機会があればいいなと思います。
(それまでにもっと文章力をあげておかないと・・・汗)


おつぎは、2年生の高見ちゃんにパスします音符
年内に紹介してくれると嬉しいなlove
冗談はさておき、よろしくね太陽


このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=68 |
| 総合図書館:活動報告::その他 | 04:22 PM | comments (3) | trackback (0) |
企画展示、成長中!
みなさま、ご覧になりました?
今日は初雪が降りましたね雪
雪は綺麗音符だけれども、おかげで今日はすごくすごく寒いですね汗
わたくし森實は昨日ダウンなるものを購入したので、
その暖かさに心底感謝しているところです><

さて、先日報告させていただいた企画展示ですが、
あれからぐんぐん成長しましたので、これからお伝えしますね!

まずはこちら!
開架1F自動貸出機横に、展示が増えました!



なぜもう一ヶ所展示を増やしたのかと言いますと、
開架2Fの展示が完璧すぎて、
本を手にとって見るのが学生には難しそうだったからです汗

なので、ポップで本を紹介したり、
平置きにしたりして、気軽に本が見れるように工夫しました。





そしてそして、この開架1Fのクリスマスツリー、実は職員Kさんからお借りしているものなんです。
Kさん、ありがとうございます♪







そしてこちら!本家・開架2Fの展示です。
どこが成長したのか分かりますか??




まずはこちら。クリスマスツリーです。
開架1Fのツリーとはまた違った趣のツリーですよね^^
150cm・中背中肉のツリーくんです。




そしてこちら。図書館のサンタさんがプレゼントしてくださった、ワインボトルです。
中身はもちろん空ですが、
サンタさんいわく、「チリ産のワインでね、けっこう美味しいんだよ」とのことです。
サンタさん、素敵なプレゼントをありがとうございますハートハート




そして最後がこちら。
なかなか展示された本の貸出しが増えないので、
学生の興味をもっと引けるようにと、
『クリスマス・キャロル』の特大スペシャルバージョンポップを作っちゃいましたv

実はわたくし森實作なのですが、いかがでしょうか・・・?



(昨日このポップを置いたばかりなのですが、
今日早速クリスマス・キャロルが1冊借りられていたので、効果は上々なようです♪)



クリスマス展示は12/26まで!
まだ実物をご覧になっていない方は、ぜひ図書館にお越しくださいませ四葉


学生協働3年 森實彩乃


続き▽
このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=67 |
| 総合図書館:活動報告::企画展示ワーキング | 04:33 PM | comments (3) | trackback (0) |
私の図書館 ふたりめ!!
こんにちは、はじめまして。図書館職員のWですねずみねずみねずみ
原田さんからのご指名で、生まれて初めてブログをさせて頂きます。
緊張しますねあうっ

うちの図書館にはおすすめするところがたくさんありますにかっ
高校生たちが図書館見学するときにもアピールしているのですが
学生生活に必要なツールが一杯詰まっているところだと自負(?)しています。
私たち職員も図書館が学生生活の一部になれたら良いねと常日頃からはなしているところです。


そんな図書館で私がおすすめする今回の場所は・・・「絵本コーナー」です星

場所は2階閲覧室の真ん中OPACのあたりにあります。

このコーナーは前年度に2階のフロアーにもくつろげる空間があればいいなという案から
「絵本」を置いたコーナーを作ろうということでできました。

絵本は小さいです。薄いです。
でもその中にはぎゅっと詰まった素敵な本の世界があります。ドラマがあり、思わず笑ったり、きゅんときたりもします。
絵とただ数行の文字だけなのに、こんなにも奥深いなんて・・・しくしく
薄い本ですから手に取るにはちょうど良いし、絵もすてきですよね。(絵は見ている人の感情を動かすように計算されているものでしょうが)
見ているだけでもなんだか心が落ち着くような感情をもったことはありませんかねずみ

「癒す」という言葉が今日至るところできかれますがまさに「癒される」のは
この単純明快な絵本から生み出される空想の世界だからではないでしょうか。love

例えば猫のおじさんと子ネズミたちが繰り広げるセンチメンタルなお話「にゃーご/宮西達也」
   心が温かくなるおとぎ話「そらいろのたね/中川李枝子」

あのソファーに座って一つでも自分の好きなものを見つけてみてください。
幼い頃の無邪気な自分に戻れるひとときにもなるのでは?女性

あ、このガラスコーナーの中もきちんとした絵本なんですよにくきゅう

こんな絵を見ながら多くの人が空想の世界に浸っていたのでしょうね。



昨今時代も人もあわただしいです。ここで心の栄養を空想の世界でもらって余裕をもっていけたらいいですねチョキ
「絵本コーナー」であなたもほっとひといき心に栄養チャージしませんかねずみ

長々となりました。初めてなので許して下さいはうー
それでは次回は学生協働の黒田さんにバトンタッチしますにひひ
黒田さん、よろしくね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=66 |
| 総合図書館:活動報告 | 02:01 PM | comments (3) | trackback (0) |

<<前の5件 | 1 | 2 | 次の5件>>
PAGE TOP ↑



お知らせ
サイト内検索
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2010年12月 次月>>
最近の記事
最近のコメント
分類
アーカイブ
RSS
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)