車椅子から見た図書館part2
こんにちは!学生協働4年の森實です。
今日は、前回に引き続き、車椅子を使って、図書館のユニバーサルデザインについて考えました。

参加メンバーは、
4年の原田さん、森實、
1年生の河崎さん、上村さんでした。



まずは、図書館に入ってすぐのOPACです。



手がキーボードに届きにくいということが分かりました。
また、車椅子の目線からだと、モニターに光が反射して、画面が見にくいです。

右机の下に足が入れられるように、板を外したらどうだろう?という案が出ました。




次は、教官著作のコーナーです。



教官著作の書架は棚が低いので、すべての本になんなく手が届きました。




そして、お手洗いです。








お手洗いで一番大変だったのが、こちらのドアです。
このドアにはストッパーがないので、お手洗いに一人で入るのは少し大変そうでした。







右めいいっぱいドアを開いたら、ストッパーがかかるようにしてみたらどうだろう?という案が出ました。




ここまでは1階でした。
エレベーターを使って、2階に上がります。





横幅はぎりぎりでしたが、なんとか入ることはできました。






音符2階に到着しました



原田先輩のアドバイスで、
エレベーターの中の鏡を見ながら、バックで外に出ます。
(原田先輩談四葉「エレベーターの中の鏡は、車椅子の人のためにあるんだよ」)








最後に、玄関をチェックします。
まずは、出て行くところから。
(坂道の角度が急なので、転倒しないように要注意です!)




原田先輩に支えてもらいながら、下っていきます。




転倒することなく、無事退館できました。







次は、入館です。
入館するときは、足元のぎざぎざのマットに車輪が取られそうになりました汗





今度は、原田先輩の支えなしで入館してみます。
一度目は車輪が空回りしてしまって、ちょっとひやりとしましたが、
二回目からはなんとか大丈夫そうでした。




右玄関の坂道は、もう少し角度を和らげた方がいいのでは?という意見が出ました。






職員のKさん、声をかけてくださってありがとうございました♪

参加された皆さん、お疲れ様でしたチョキ

あと、そろそろ車椅子を返却するそうなので、
学生協働のメンバーで自分もやってみたいという人は、
今日あたり、急いだ方がいいかもしれませんよ~~


それでは、この辺で失礼致しますダッシュダッシュ



LA 森實

このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=126 |
| 総合図書館:活動報告::図書館の設備 | 02:31 PM | comments (3) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑




お知らせ
サイト内検索
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
最近の記事
最近のコメント
分類
アーカイブ
RSS
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)