総合図書館 医学部図書館 工学部図書館

山口大学図書館では、図書館サービスの向上や、ピアサポート、学生のキャリア形成支援を目的に掲げ、2006年より学生協働という活動に取り組んでいます。
このブログでは学生協働の学生(LA:Library Assistant)が主体となって、活動の様子や図書館からのお知らせなどを掲載します。

日帰り佐賀県旅行記 其の一
こんにちは、LA4年の原田です。




すっかり春めいているのかと思いきや、先日は山口は非常に寒かったですね。
まさか3月に雪が降るなんて、とても予想外です。


とまあ前置きは置いといて。

今回はちょっと今まで書いていたブログとは趣向を変えてみて、旅行記を
したためてみます。
実は、LAメンバー数人で佐賀県の武雄市に行ってまいりました。
何故佐賀県
しかも武雄市


武雄市には………










武雄市図書館があるんですわ。




武雄市図書館は一昨年に改装工事を経て、あったらしくなった図書館なんですが
何が有名かって、図書館の中に蔦屋書店(TSUTAYA)が入っちゃったんです。


加えて、みんな大好き(原田は大好き)スターバックスコーヒーさんも店舗を中に導入されて、
一気に話題になった図書館です。

前から行ってみたいな~と思っていたので、上原ちゃんと金城ちゃんと3人で
はるばる佐賀県まで車を走らせ行ってきました。

朝八時過ぎくらいに出発して、3時間くらいでしょうか。
案外近いですね。

中は写真撮影NGなので、外観の写真のみをこちらで。

入り口を撮る自分。を撮った写真。




図書館なのに、スターバックスが館内に設置してある というところが
飲食可能スペースであるりぶカフェを持つ我が図書館と似ていたため、どんなもんなのかと。

図書館=飲食禁止 というのがおそらく一般的大多数のイメージだと思います。
正直自分もそうなのですが、
飲食可能スペースとのエリア分けとか、管理??とかそういった点が非常に気になってました。


外観の写真からもわかるかと思いますが、めちゃくちゃお洒落な建物なんです。
武雄市図書館HP←詳しくは公式HPを。



入ってすぐ左手にTSUTAYAさんのCD・DVDレンタルスペースがあって、
右手にはスタバ、そして購入できる本やいくつか雑貨がありました。
(フラスコとか売ってた…。何故。)





武雄市図書館HP 館内MAP

↑こちらでMAPが見れます。
点訳・対面朗読サービス室とか、授乳室があるみたいです。
ここは、さすが公共図書館ですね。大学にはあまり無い印象です。


TSUTAYAということで、本が買えるのか!!どれくらい品数あるんだろう!?と思ってたんですが、
ファッション雑誌や雑貨雑誌など、いかにもカフェにありそうなお洒落本
販売用としておいてありました。


あと、スタバさんで買った食べ物は、カフェスペース(スタバさんのカウンター周囲にある席)でしか
だめなんですが、飲みものはそういった制限は無いようです。

書店 というよりレンタルとしてのTSUTAYAが入った 
というイメージのほうがしっくりきました。
てっきり、がっつり本屋が入ったと思っていたので。


ただエリア分け が結構複雑でした。
普通に中で迷いました。

あと本の並びがうちと違っていて戸惑いました…。調べてみると
どうも武雄市図書館独自の図書分類法だそうです。


大学や施設によって全然違うんだな~と改めて体感。山大のもので慣れているので…。



なかなか複雑に分けてあったので、働く人は大変だな…と思って
スタッフにお聞きしてみると(!)
TSUTAYAのバイトさんと図書館スタッフとで見た目に差はなく、
みんな館内の本の探索はできるそうです。
wao………。



なんだか、『武雄市図書館』と『蔦屋さん』との
境界線が分からなくなっちゃったので、もう少し時間をかけて
じっくり探索してみたいと思いました。

あと、事前にもう少ししっかり調べておけばよかった…。





ところでところで、
図書の貸出返却も、TSUTAYAでの本の購入もセルフでできるそうです。

セルフレジ!自分まだ使ったこと一度も無い…。
上原ちゃんは武雄市MAP みたいな本をセルフレジで購入していました笑





次は其の二と題しまして、続きをここに挙げたいと思います。
それではまた次回!


LA4年 原田



----------------------------------------------

武雄市図書館、凄く綺麗でお洒落でしたが、
車椅子の人が通るには、通路がなかなか狭いのと
エリアがかなり複雑になっている印象がありました。

高さのある棚に、上からみっちり本が入っていたので「取り出すの大変そう…」とも。
※あくまで個人的、原田的感想です。


そうそう、館内でiPadを貸出、あといくつか備え付けのiPadもありました。

スタバが入っていてもTSUTAYAがあっても、なんというか自分の中の『図書館』の雰囲気を
壊しておらず、うまい感じにお店・カフェ・図書館 の三つが溶け合わさっている というのが個人的な感想です。

カフェエリアには音楽も流れていたのですが、閲覧スペースや学習スペースに入ると
音は聞こえませんでした。


平日でしたが、勉強だったり読書だったりで机を使用されている利用者が案外いました。
椅子がよかった…。お尻にフィットって感じ。

近くにあったら、勉強スペースとして利用したい図書館でした。


図書館の在り方 に正解なんてないと思います。
新しいものを作ると、やはり周りから反発やら反論やらが来ますが
まずはやってみる。

武雄市図書館に行ってみて自分が感じたことです。


図書館における飲食関連問題は難しい!!



ちなみに!!
武雄市図書館や武雄市についてはこちらの


『地域ブランドのつくりかた』 601.1/C43
にも載っているのでぜひ。
POPも作っていますので。


地域ブランド ということで、ちょるる部長を見蘭牛さんに跨らせました。
牛食べたい…。
このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=467 |
| 総合図書館:活動報告::学生生活 | 11:48 AM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑




お知らせ
サイト内検索
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
最近の記事
最近のコメント
分類
アーカイブ
RSS
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)