学生協働交流シンポジウムに行ってきました! 2日目
こんにちは。
学生協働2年の三阪です。
ブログを欠かさず見てくださっている方には、最近、妙に名前を見る人だなぁ、と覚えていただいている(はず…)頃合いでしょうか?

さてさて、私からはシンポジウム2日目についてお伝えします!

2日目では、主に、
①ワークショップ「みんなで考えよう!―活動の悩み・企画提案―」
②広島大学中央図書館見学
が行われました。
時系列順にご紹介します音符

まず、ワークショップ
ここでは、各大学の学生協働、及び職員が、日ごろの活動の悩みや、図書館を盛り上げる新たな企画を話し合いました。
大学の垣根を越えて、テーマごとの少人数のグループに分かれ、1時間半の間、みっちりと意見を交わしました。



私は、企画提案のグループに参加しました。
グループでは、初めましての方ばかりでしたが、同じ志を持った学生協働として、すぐに打ち解けることが出来ました。
そして始まる意見交換。
私には無いような発想が次々と飛び出し、どんどん膨らんでいく企画内容。
あーでもない、こーでもない、と言い合いながら、図書館をより楽しんでもらえるような企画を立案しました。



話し合いが終わると、次は、グループ発表
自分たちのグループが話し合ったことを、2分間にまとめて、会場にいる他のグループの人たちに発表します。



私も、発表しましたが、すごく緊張しました……。
会場は少し広めの講義室だったのですが、座席いっぱいの人に見つめられながら話す、ということに慣れておらず、あわあわしながらの発表でした。
他のグループの悩みやその解決策、企画についての思いやアイディアもたくさん聞くことができ、とても面白いワークショップの時間でした。
特に、職員さんだけのグループは、その内容もさることながら、発表の仕方も断然と上手く、その手腕を垣間見ることが出来ました。



ワークショップが終わると、閉会式です。
この2日間のシンポジウムも、それまでに頑張ってきた準備も、ここまでくると「終わるんだなぁ…」という感慨に浸りますね。
また、閉会式では、1日目のポスターセッションで行われた投票の結果、選ばれた優秀団体と最優秀団体が表彰されました。
山口大学は残念ながら表彰されませんでしたが……(´・ω・`)
ちなみに、選ばれたポスターは、内容はもちろん、見せ方も魅せ方も他とは一捻り違った、創意工夫にあふれるものでした。
もちろん、どの団体も工夫を凝らした、オリジナリティ溢れる面白いポスターばかりでした。


閉会式の後は、広島大学中央図書館見学です。
ひとまず、こちらをどうぞ。





そうです、すごい大きいんです! (写真から伝わるでしょうか……)
山口大学の図書館を最初に見た時も、大きいなぁ、と感心していたのですが、こちらもまた、その大きさに圧倒されました。

個人的に、図書館見学で、びっくりしたのがこちら↓

( ゚Д゚)<ゲートに学生証をかざすところがない……!


( ゚Д゚)<何かハイテクな機械がある……! ※本を自動で書架に戻してくれる機械だそうです。

普段、通い慣れているところとは違う図書館に行くと、見慣れないものを発見でき、とても楽しかったです。
予定よりも短い見学時間だったということもあり、隅から隅までは回れなかったのが残念です。また機会があれば、じっくりと見学したいですね。


こんな感じで終わった2日間に渡る、第8回大学図書館学生協働交流シンポジウム「学生と共に成長する図書館 ―協働が生み出す新しい魅力―」
多くの発見と、新たな経験が出来た、実りの多い2日間でした。

今回、シンポジウムを開催していただいた広島大学の皆さま。
シンポジウムに参加し、交流していただいた全国各地の大学図書館学生協働の皆さま。
本当にありがとうございました。


今年のシンポジウムについてのブログは以上になります。
ご精読、ありがとうございました!




続き▽
このエントリーをはてなブックマークに追加
| http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/blog/index.php?e=710 |
| 総合図書館:活動報告 | 06:00 PM | comments (1) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑




お知らせ
サイト内検索
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
最近の記事
最近のコメント
分類
アーカイブ
RSS
POWERED BY
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)