「全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~山口大学予選会」を開催しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月31日

2017年10月24日(火)、総合図書館アカデミック・フォレストに於いて、「全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~山口大学予選会」を開催しました。

全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~
知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト

学内からバトラー(発表参加者)4名が集い、約20名の観客が見守るなか、レベルの高いバトルが繰り広げられました。

投票の結果、“チャンプ本”は 人文学部1年の野村直弘さんが紹介した『カラスの教科書』(松原始著)に決まりました。
また、11月3日(金)に広島県情報プラザで行われる地区決戦へは、野村さんが辞退されたため、次に得票の多かった前田いづみさん(人文学部3年)が進むことになりました。


紹介された本は、次のとおりです。(発表順)

  紹介本 発表者
1 『コンビニ人間』村田沙耶香著 前田いづみさん
(人文学部 言語文化学科3年)
2 『レインツリーの国』有川浩著 山下健一さん
(教育学研究科 学校教育専攻1年)
3 『午後の恐竜』星新一著 家本彩花さん
(人文学部 言語文化学科3年)
4 『カラスの教科書』松原始著 野村直弘さん
(人文学部 人文学科1年)